自律神経を整えるサプリランキング

自律神経を整えるサプリランキング

こんな症状を感じていませんか?
  • 意味も無くイライラする
  • 寝起きがしんどい
  • 体調不良が続いている
  • 倦怠感が酷い
  • なんだか頭が重い
  • 何をするにも気が乗らない
  • 体の冷えを感じる

 

など、このような症状が当てはまる方は自律神経失調の疑いがあります。自律神経が乱れるのは、主に不規則な生活リズムや偏った食生活によるホルモンバランスの崩れが原因とされています。

 

つまり、ホルモンバランスを整えるのが自律神経を正す最善の方法になります。当サイトでは、ホルモンバランスを整えるのに役立つサプリメントを紹介していますので、どうぞ参考にしてください。当サイトのおすすめはサポニンたっぷり白井田七です!

 

白井田七 試せば分かる実感力!

白井田七は、自律神経の調節に役立つ田七人参を配合した体巡りサプリメントです。

 

不規則な生活リズムや偏りがちな食生活、加齢による更年期やホルモンバランスの変化などが原因の自律神経の乱れを田七人参が持つ自然素材のパワーが解消に役立ちます。

 

また、田七人参は完全無農薬栽培の元育てられているため、安心して飲用が可能です。公式サイトから返金保証付購入ができるので、まずはお試しして効果を実感してみてください。

 

 

ココロプラセンタ お試し10日間

ココロプラセンタは、自律神経が乱れが引き起こす肌トラブルや老化を防止するプラセンタサプリメントです。

 

プラセンタの中でも高品質される馬プラセンタを純度100%使い、高い美肌効果を発揮し肌トラブルを解消します。さらに、プラセンタには辛い寝起き・疲れやすくなった・倦怠感・むくみなど自律神経が乱れによる症状を改善する働きがあります。

 

公式サイトから10日間お試しが購入できます。

 

 

女性のミカタ初回980円

女性のミカタは、ハーブ系成分のチェストツリーと月見草オイルをコラボしたPMS専用サプリメントです。

 

チェストツリーや月見草オイルはPMS・自律神経の不調の原因に多いホルモンバランスの乱れを整えのに最適。さらに、大豆イソフラボンやメリロート、ラフマなどの女性ホルモンの働き、辛い症状をサポートする成分も含まれています。

 

生活習慣の乱れ、PMS・更年期などによる症状におすすめです。初回980円とお試ししやすいのも魅力的。

 

 

そもそも自律神経とは?

 

自律神経とは読んで字の如く「自律している神経」であり、意識しなくても不随意に起こる運動を制御しています。

 

例えば手を動かそうとしてその命令が脳に届き、手の筋肉を伸展させる一連の運動は随意的である随意運動ですが、それとは違い呼吸や体温の調節、脈の調整、消化器の運動などは全て無意識的に発生しています。当然ながら睡眠中も呼吸や心臓の伸縮は止まることがありません。

 

これらの運動を制御しているのが自律神経系であり、非常に重要な役割を果たしているということがわかってもらえると思います。

 

自律神経系の調節は生命維持に大きく関わるために優先順位が高く、そう簡単に大きな障害が起こることはありませんが、その一方で非常に複雑な神経系であるがために特に優先順位の低い細かい自律神経の障害が起こることは少なくなく、その原因も治療も中々はっきりとさせにくいのが現実です。

 

乱れると起きる症状は?

 

自律神経を乱し機能が障害されている状態、その中でも特に生命維持に関わるような重篤ではないものを総称して自律神経失調症と呼んでいます。

 

自律神経系の乱れに起因する諸症状は全て自律神経失調症と呼ぶので、その実態は症状も原因も様々です。

 

例えば朝スッキリ目覚められず、低血圧気味だったり消化器の準備ができないために朝ごはんが食べられないなどというのも、本来無意識に行われるはずの自律神経系がきちんと働いていないことに起因するため、医者が治療が必要と判断すれば自律神経失調症という病名が付くことになります。

 

自律神経が乱れる原因は?

 

自律神経が乱れてしまう原因はいろいろとあります。まずは不規則な生活リズムを改善するところから始めてみましょう。

 

最も大きな原因はストレス

 

自律神経が乱れてしまう最大の原因はストレスです。しかし、政治家の悪政で生活が厳しくなっている現在では、ストレスを溜めないということは不可能に近いでしょう。

 

そこでストレスをしっかりと解消できる方法を見つけておくことが重要です。もちろんできる限りストレスを溜めない生活をすることも大切なので、趣味に打ち込むことや、運動をすることも必要になるでしょう。

 

交感神経を優位にしない

 

ストレスが最大の原因となっている自律神経の乱れですが、普段の生活で交感神経を優位な状態にしないことが重要です。ストレスや緊張などが続くと、交感神経が優位になってしまいます。

 

そうすると副交感神経が正常に働かなくなってしまい、自律神経の乱れに繋がってしまうのです。そのため、副交感神経が優位になるように心がけることが大切になります。睡眠やストレッチ、入浴やマッサージなどを行うのがよいでしょう。

 

生活リズムの乱れ

 

仕事などで生活のリズムが乱れてしまうことで、ストレスに対する耐性が弱くなってしまうことがあります。そうすると自律神経が乱れてしまうので、できる限り規則正しい生活を心がけましょう。

 

特に昼勤と夜勤を繰り返し行うような仕事の場合には、生活リズムが乱れてストレスが溜まりやすい傾向にあります。また、朝食を取らない生活などもよくありません。

 

自律神経を整えるには?

 

自律神経は努力することで整えることが可能です。重要なのは、どのような方法で自律神経を整えられるのかという点でしょう。

 

リラックスした状態にする

 

自律神経の乱れはストレスや緊張が原因です。まずは緊張を解いてリラックスした状態にすることが重要でしょう。そのための方法としては、入浴やマッサージ、睡眠などが効果的です。

 

特に仕事帰りに入浴やマッサージを行えば、より快適に眠ることができるでしょう。そうすれば自律神経を整えることができる上に、ストレスもある程度解消されます。

 

食事も効果的

 

人間は生きている以上必ず食事をしなければいけません。しかし、ストレスが溜まり過ぎると暴飲暴食を行い、太ってしまうケースもあるのです。このような負の連鎖を断ち切るためには、食事にも注意する必要があります。

 

できる限りバランスのとれた食事も重要ですが、自分の好きな物を食べることで、ストレスの解消にもなるのです。どちらかというと肉類やお菓子などが好きという人が多いので、食べ過ぎないように注して摂取しましょう。

 

運動を行う必要もある

 

人によっては運動が好きという場合もあるでしょう。このような人は積極的に自分の好きな運動を行うのも効果的です。しかし、人によっては運動が苦手な場合もあります。

 

このような人は普段あまり運動をしない傾向にあるので、ウォーキングや軽いランニングから始めてみましょう。運動をすれば血液の巡りがよくなりますし、気がまぎれるのでストレス解消効果も期待できます。

 

自律神経を整えるサプリ成分は?

 

自律神経を整えるのにもサプリメントは効果的です。しかし、どのような成分が含まれているのかがとても重要になります。

 

鉄分とビタミンが重要

 

自律神経を整える成分としては、ビタミンや鉄分が重要になります。ビタミンはいろいろな種類があるのですが、どの種類でも効果的だと思ってよいでしょう。特にビタミンAとビタミンB群はしっかりと摂取するべきです。

 

さらに鉄分も自律神経を整えるのには効果的なのですが、鉄分というのはヘモグロビンを生成する働きがあります。ヘモグロビンが生成できないと、貧血になって脳に血が行き渡りにくくなるので、自律神経が乱れてしまうのです。

 

アミノ酸やミネラルもしっかり取る

 

自律神経を整えたいのであれば、ミネラル分もきちんと摂取しておきましょう。特に先ほど紹介した鉄分、さらにはカルシウムや亜鉛なども重要な成分です。

 

また、アミノ酸も重要な役割を担っています。アミノ酸はストレス解消や睡眠促進効果も期待できます。食物繊維も腸がすっきりとするので、ストレス軽減効果が期待できるでしょう。

 

おすすめのサプリメント

 

上記で紹介した成分が効率よく含まれているものと言えば、やはりローヤルゼリーや田七人参が思い浮かぶでしょう。この2種類が使用されているサプリメントはおすすめできます。

 

また、プラセンタやテアニンなどが含まれていれば、さらに効果的だと言えるでしょう。比較的サプリメントには使用されていることが多い成分なので、購入前に確認しておくべきです。

 

自律神経が乱れやすい人の特徴は?

 

自律神経が乱れやすい人と乱れにくい人がいるのですが、乱れやすい人の特徴を知っておくことも重要です。特徴を知っておけば対策も打てるでしょう。

 

免疫力が弱い

 

自律神経が乱れやすい人は、免疫力が弱いという特徴があります。免疫力が弱いと病気になりやすく、病気になることでストレスを感じやすくなります。

 

体調を崩しやすい人は、まず免疫力を付けておくとよいでしょう。免疫力の弱さと自律神経の乱れは関係ないようでも関係しているのです。

 

血圧が低い人も乱れやすい

 

近年は高血圧で悩んでいる人が多くなっていますが、実は高血圧の人よりも低血圧の人の方が、自律神経が乱れやすくなっているのです。なぜ低血圧の人は自律神経が乱れやすいのでしょうか。

 

低血圧ということは、血の圧力が不足している状態なので、脳にきちんと血液が届いていない可能性があります。そうすると立ちくらみなどが発生し、気力が失せてしまうのです。その結果、自律神経が乱れてしまうと言えるでしょう。

 

男性よりも女性の方が乱れやすい

 

自律神経の乱れは性別に関係なく発生しますが、どちらかというと女性の方が多い傾向にあります。その理由の1つとして、月経があります。月経とは生理のことで、特に生理前はPMSになりやすい傾向にあるのです。

 

PMSとは月経前症候群のことで、いろいろな症状が出やすいことからストレスを感じやすくなるのです。このような理由から、女性の方が自律神経の乱れが発生しやすいと言えるでしょう。