自律神経を整えるサプリランキング

自律神経を整えるサプリランキング

こんな症状を感じていませんか?
  • 意味も無くイライラする
  • 寝起きがしんどい
  • 体調不良が続いている
  • 倦怠感が酷い
  • なんだか頭が重い
  • 何をするにも気が乗らない
  • 体の冷えを感じる

 

など、このような症状が当てはまる方は自律神経失調の疑いがあります。自律神経が乱れるのは、主に不規則な生活リズムや偏った食生活によるホルモンバランスの崩れが原因とされています。

 

つまり、ホルモンバランスを整えるのが自律神経を正す最善の方法になります。当サイトでは、ホルモンバランスを整えるのに役立つサプリメントを紹介していますので、どうぞ参考にしてください。当サイトのおすすめはサポニンたっぷり白井田七です!

 

白井田七 試せば分かる実感力!

白井田七は、自律神経の調節に役立つ田七人参を配合した体巡りサプリメントです。

 

不規則な生活リズムや偏りがちな食生活、加齢による更年期やホルモンバランスの変化などが原因の自律神経の乱れを田七人参が持つ自然素材のパワーが解消に役立ちます。

 

また、田七人参は完全無農薬栽培の元育てられているため、安心して飲用が可能です。公式サイトから返金保証付購入ができるので、まずはお試しして効果を実感してみてください。

 

 

ココロプラセンタ お試し10日間

ココロプラセンタは、自律神経が乱れが引き起こす肌トラブルや老化を防止するプラセンタサプリメントです。

 

プラセンタの中でも高品質される馬プラセンタを純度100%使い、高い美肌効果を発揮し肌トラブルを解消します。さらに、プラセンタには辛い寝起き・疲れやすくなった・倦怠感・むくみなど自律神経が乱れによる症状を改善する働きがあります。

 

公式サイトから10日間お試しが購入できます。

 

 

女性のミカタ初回980円

女性のミカタは、ハーブ系成分のチェストツリーと月見草オイルをコラボしたPMS専用サプリメントです。

 

チェストツリーや月見草オイルはPMS・自律神経の不調の原因に多いホルモンバランスの乱れを整えのに最適。さらに、大豆イソフラボンやメリロート、ラフマなどの女性ホルモンの働き、辛い症状をサポートする成分も含まれています。

 

生活習慣の乱れ、PMS・更年期などによる症状におすすめです。初回980円とお試ししやすいのも魅力的。

 

 

イソラコン

イソラコンは、大豆の胚芽部分から抽出した貴重なイソフラボンを高濃度配合したサプリメントです。

 

イソフラボンには女性ホルモン(エストロゲン)と似た作用があるため、ホルモンバランスが原因の症状におすすめ。また、体内に吸収されやすい小さい分量となっており、確かな効果を実感できると評判です。

 

不調を感じる20代〜60代と幅広い世代の女性に愛飲されています。まずはお試し20日間パックをどうぞ。

 

 

和漢のきもち

和漢のきもちは、女性特有の症状や自律神経の乱れなどに作用する11種類の生薬を配合した第3類医薬品です。

 

11種類の生薬が女性ホルモンのバランスや自律神経の乱れを整え、症状の緩和や解決に役立ちます。また、女性に嬉しい美肌やダイエット、体調を正す効果も期待できます。

 

冷え性・月経不順・イライラしやすいなど女性特有の辛い症状を抱える人におすすめです。

 

 

そもそも自律神経とは?

 

自律神経とは読んで字の如く「自律している神経」であり、意識しなくても不随意に起こる運動を制御しています。

 

例えば手を動かそうとしてその命令が脳に届き、手の筋肉を伸展させる一連の運動は随意的である随意運動ですが、それとは違い呼吸や体温の調節、脈の調整、消化器の運動などは全て無意識的に発生しています。当然ながら睡眠中も呼吸や心臓の伸縮は止まることがありません。

 

これらの運動を制御しているのが自律神経系であり、非常に重要な役割を果たしているということがわかってもらえると思います。

 

自律神経系の調節は生命維持に大きく関わるために優先順位が高く、そう簡単に大きな障害が起こることはありませんが、その一方で非常に複雑な神経系であるがために特に優先順位の低い細かい自律神経の障害が起こることは少なくなく、その原因も治療も中々はっきりとさせにくいのが現実です。

 

乱れると起きる症状は?

 

自律神経を乱し機能が障害されている状態、その中でも特に生命維持に関わるような重篤ではないものを総称して自律神経失調症と呼んでいます。

 

自律神経系の乱れに起因する諸症状は全て自律神経失調症と呼ぶので、その実態は症状も原因も様々です。

 

例えば朝スッキリ目覚められず、低血圧気味だったり消化器の準備ができないために朝ごはんが食べられないなどというのも、本来無意識に行われるはずの自律神経系がきちんと働いていないことに起因するため、医者が治療が必要と判断すれば自律神経失調症という病名が付くことになります。