夏バテの原因は自律神経の乱れ?夏バテの症状・対策など

夏バテと自律神経の関係!よくある症状は?

夏本番になり真夏日が続くと、必ず体調を崩す人が出てきますよね。夏バテとは単に暑くて気が滅入るという精神的なものではなく、確かに何らかの身体的な変調が起きていることが多く、特に自律神経のバランスを崩すことによる諸症状が引き起こされます。これは、高温環境で体の状態を一定に保とうとする働きに無理が生じてくることで引き起こされます。

 

人間は恒温動物であるため体温を一定範囲内に保とうとする働きがあり、それ以外にも生命維持に適した血圧・体液濃度・pHなどを保つために絶えず体は働いており、この一連の働きを恒常性(ホメオスタシス)と言います。しかしながら外的環境が厳しく、恒常性を保つことの負担が大きくなってくると、少しずつ体のバランスが崩れていき健康問題が現れるようになっていくのです。気温の非常に高い真夏では、恒常性が一定の体温を保つための負担が大きくなり、自律神経のバランスが崩れていくことが多いのです。

 

よくある症状としては、なんとなく体がだるい、動きたくないといった倦怠感、食欲不振、胃痛・胃もたれ・吐き気といった消化器症状、頭痛などがあります。これら一つ一つを取ってみるとさほど特徴的な症状ではなく、夏バテにならなくても起こるような症状ではありますが、複数の症状が同時に現れた場合は夏バテによる自律神経失調を疑う必要があります。特に夏場の強い倦怠感は夏バテの可能性が高いですので、すぐに対策が必要です。

 

夏に自律神経が崩れる原因

 

ではなぜ夏に限って自律神経が崩れたりするのでしょうか。もちろん直接の誘因はその暑さなのですが、単に体温の調節が厳しくなるのみならず、体では暑さによって様々な負担がかかっているのです。

 

例えば外気温が一定以上になり体温まで上がってくると、速やかに体を冷やすために汗が分泌されます。人間の汗は塩っぱいことからもわかるとおり、塩分(ナトリウム)を始めとした体液に含まれる多くのミネラル分も同時に失われます。汗をかけば喉が渇き水分補給が促されますが、ただの真水もしくはミネラル分を含まない飲み物を飲むと、体液中のミネラル濃度がどんどん下がっていき浸透圧の調節がうまくいかなくなるなど、健康上の問題が引き起こされます。

 

また、人間は体温が下がってくると休息状態に移行していき睡眠状態に入るのですが、気温が高すぎて体温が下がらないと、睡眠に入るべきタイミングで入れず、生活サイクルにも支障を来してきます。仮に入眠はできたとしても、睡眠の浅い状態にあることは避けられないでしょう。

 

このように、外気温が一定以上に高い状態は、人間が普段生活を送る上で様々な障害になり、それによって自律的な生命維持活動を提供する自律神経のバランスが崩れていくのです。自律神経失調症は生活習慣の乱れやストレスによっても引き起こされますが、真夏には暑さによって同じような現象が引き起こされ、夏バテの症状が現れるというわけなのです。

 

夏バテを解消するには?

 

では、夏バテを解消するにはどうすればいいのでしょうか?夏バテの諸症状は自律神経の失調によってもたらされているのですから、自律神経のバランスを整えるような、規則正しく健康的な生活を心がけることが基本となります。

 

まず、1にも2にも食事です。夏バテ解消のために食事はたくさんの意味を持ちます。例えば発汗で失われたミネラルを補ったり、自律神経の働きを整える微量栄養素を補ったり、それ以外にも栄養補給は体全体の健康状態を保つためには絶対に欠かせません。夏バテになるとどうしても食欲が衰えるものですが、食欲がないからと食事をおろそかにすると、夏バテおよび自律神経失調がいっそう進むことになります。

 

また、日中の運動も有効です。日中にしっかり体を動かすと、血流がよくなり全身の機能が向上しますし、肉体疲労から夜の寝付きもよくなり、多くの面で自律神経のバランス改善に役立ちます。生活習慣が乱れたり昼夜逆転の生活によって自律神経が乱れたときの矯正法としても有効です。ただし、真夏はくれぐれも熱中症や脱水症に注意しながら運動を行ってください。

 

最後に、しっかり睡眠を取ることです。クーラーにできるだけ頼らない生活を送ろうとする人もいますが、暑くてしっかり寝られないくらいならクーラーを使ってでも深い睡眠を取ることが勧められます。睡眠の浅さや睡眠時間不足は自律神経失調に直結しますので、質の高い睡眠をしっかり取るようにしましょう。

 

夏バテが引き起こす病気。免疫力の低下に注意

 

夏バテは単にだるいだけで終わる問題ではありません。実際に夏場には一見夏バテと関係のないように見える病気の罹患率が高まったりしており、夏バテが幅広い病気の原因となることを示しています。特に免疫力の低下には重々注意する必要があります。

 

夏になると高齢者の肺炎発症者が増える傾向が見られます。肺炎というと冬のイメージがあるかも知れませんが、夏型肺炎という言葉があるくらいに夏の肺炎は多いもので、それも真夏になると急に増えるのです。これは暑さによる影響から自律神経が乱れ、その影響で免疫力も低下し、肺にウイルスの感染などを許してしまうことで発症するものです。原因は免疫力の低下なのですから、起こる病気は肺炎に限りません。

 

また、食中毒も夏の風物詩と言えるほど頻繁に起こります。夏場は高温多湿故に食中毒菌が増殖しやすいのですが、それだけでなく上記の通り免疫力が低下しやすいため、体内に入った食中毒菌を追い出す力が弱まるのも問題です。こちらも高齢者では一過性の食中毒症状にとどまらず、持続感染にいたって命を落とすケースさえあります。

 

その他にも、プールで結膜炎をもらったり、人混みからインフルエンザなどをもらったりするのも、免疫力低下によってそのリスクが大幅に高まるためです。免疫力低下はおよそ全ての感染症リスクを高めますので、たかが夏バテと軽視し放置することなく、しっかり健康状態を回復させることが必要になります。